現代を生きている私たちは

マスカラなどのアイメイクを落とすときに化粧をきちんと落としたいがためにゴシゴシと強くこするように洗うと皮膚が傷んだり炎症を起こしたりして色素沈着を招いてしまい、
目の下の茶色いくまの元凶になるのです。


肌の新陳代謝が乱れがちになると、
様々な肌の老化現象や肌トラブルが出現するようになります。
老けて見えるシワ・濃くなるしみ・顔色の冴えないくすみ・隈・弛み・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、
言い出せばキリがないくらい大変です。


デトックスというものは、身体の内部に溜まってしまった様々な毒を体の外へ排出させるという健康法のひとつであくまで代替医療に分けられる。
「detoxification」を短縮した言葉です。


日本の医療がQOL(quality of life)を重視する風潮にあり、
製造業に代表される市場経済の発達と医療市場の拡大もあって、
外見を自分好みに変化させられる美容外科はここ2~3年最も注目を集めている医療分野だ。


現代社会を暮らすにあたって、体内には人体に悪影響をもたらすケミカルな物質が取り込まれ、
更には己の体内でもフリーラジカルなどが作られていると言い伝えられている。


中でも寝る前の歯のお手入れは大事。
溜まっているくすみを取るため、
夜間はきちんと歯磨きしましょう。
ただし、歯みがきは回数が多いほど良いというものではなく、
内容のクオリティを上げることが大事だといえるでしょう。

目の下の弛み

コラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線を受けてしまったり化粧品による刺激を与えられたり、
心身のストレスが積もり積もって、
潰され、遂には作られにくくなってしまうので注意が必要です。


20才を過ぎてから発生する、治りにくい“大人ニキビ”の患者が増えているようだ。
もう10年間もしつこい大人のニキビに四苦八苦している方が皮膚科の医院にやってくる。


我々が「デトックス」にのめりこんでしまう理由の一つは、
日本人が暮らしている環境の汚さだ。
空気や土壌は汚染され、コメや果物などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬がたっぷり使用されていると言われているのだから無理もない。


美容の雑誌や書籍には、小顔になる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、デトックス作用がある、免疫力アップなどなど、リンパの流れを良くすれば100%思い通りにいく!という嬉しくなるようなフレーズが踊っている。


普段から爪の状況に配慮すれば、
一見何でもないようなネイルの変調や身体の異常に対処して、
より自分に見合ったネイルケアを楽しむことが可能なのだ。


美白ブームは、1990年頃からすぐに女子高生などに拡大したガングロなど、
不自然なぐらい過度に日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への反論的な精神が入っているのだ。

ホワイトニング化粧品であることを

どちらにしても乾燥肌が毎日の暮らしや身辺の環境に大きく関係しているのであれば、
日々の慣習に注意さえすれば幾分かトラブルは解消するでしょう。


リハビリメイクという言葉には、
体の機能に損傷を負ってしまった人のリハビリと同じく、
顔や身体の外観にダメージを受けた人がもう一度社会へ踏み出すためにマスターするノウハウという意味が込められています。


全般的には慢性に移るが、正しい治療のおかげで病気が治められた状況に置かれると、
自然に治ってしまうことが望める疾患なのだ。


深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ中継・翌日の夫のお弁当や食事の下準備…。
肌が荒れてしまうというのは承知していても、
毎日の生活では満足できるだけの睡眠を取れていない人が多いのは明らかです。


日常的な寝不足は人の肌にはどのようなダメージをもたらすかご存知でしょうか?その代表格が肌の新陳代謝の遅れです。
健康なら28日単位である肌の入れ替わる速さが遅れてしまいます。


日本において、肌が白くて淀んだくすみや濃いシミの存在しない状態を好ましく捉える感覚は現代より前から浸透しており、
「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。


日本での美容外科の歴史の中で、
美容外科が「紛れもなく正しい医術」だとの承認を手中に収めるまでには、
思いのほか長い時間が必要だった。


明治時代の末期に洋行から帰ってきた女性たちが、
洋髪、洋風の格好、洋式の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介したことから、
これらを新しく言い表す熟語として、
美容がけわいの替わりに使用されるようになったのだ。

容姿を装うことで

「デトックス」法にリスクや課題は本当にないのだろうか。
だいたい、体の中に蓄積するとされる毒というのはどんな物質で、
その「毒素」は「デトックス」によって排出できるのか?

浮腫む要因は諸説ありますが、気温など季節の悪影響も少なからずあるってご存知ですか。
30℃を超えるような暑さになってたくさん汗をかく、
この季節にこそ浮腫む因子が存在しています。


頭皮のケアは別名スカルプケア(scalp care)とも名付けられています。
頭皮はヘアの問題の代表である抜け毛やうす毛などに非常に大きく関わると供に、
顔の弛みなどにも影響を及ぼすと考えられています。


加齢印象を強くする中心的な誘因のひとつが、
歯に固着した”蓄積クスミ”です。
歯の表層には、目には見えないくらい小さな凸凹があり、
日々の生活の中で黄ばみや食物カスなどの汚れが付きやすくなっています。


洗顔で隅々まで丁寧に汚れを取らなければいけません。
せっけんは皮膚に合ったものを選んでください。
自分の皮膚に合っていれば、安い石鹸でも大丈夫ですし、固形せっけんでも何ら問題ありません。


美容誌においてリンパ液の停滞の代表のように表現されている「むくみ」には大きく2つに分けて、
身体のどこかに病気が隠れている浮腫と、
特に健康面で問題のない人でも出現するむくみがあるとのことだ。


この国では、肌が白くて淀んだくすみやシミが無い素肌を好ましく思う美意識は現代よりも昔から浸透していて、
「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。


化粧の悪いところ:泣く時にまるで修羅のような恐ろしい形相になる。
微かにミスしただけで下品になってしまい地雷になってしまう。
顔立ちをごまかすのには甚だ苦労する事。

体に歪みが生じると

ネイルケア(nail care)とは、
手足の爪や甘皮などのお手入れを指す言葉。
ヘルスケア、美容、ファッション、医師による医療行為、生活の質の保全といったありとあらゆる活躍の場が存在し、
ネイルケアはなくてはならないものと言っても過言ではない。


男女問わず浸透してきた頭皮ケアは通称スカルプケアとも言われるお手入れ方法です。
頭皮(スカルプ)は髪の毛のトラブルの代表である脱毛や薄毛などにとても密接に関係していると同時に、
フェイスラインの崩れや弛みなどにも悪影響をもたらします。


審美歯科(しんびしか)とは、美を重視した総合的な歯科医療のひとつ。
歯の役割には機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、
両方とも健康に関わっている大事な要素だということができる。


内臓矯正というものは周辺の筋肉や骨格が主因で位置がおかしくなってしまった臓器をもともとあった所にもどして臓器の働きを元に戻すという手段です。


昼間なのに、いつもはさほどむくまないはずの顔や手がむくんでいる、
十分寝ているのにも関わらず下半身の浮腫が取れない、
などの症状は病気が潜んでいる可能性があるので内科医による処置が必要になります。


メイクアップの利点:自分自身の顔立ちをちょっとだけ好きになれる。
顔に存在しているニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等を隠すことが可能。
ゆっくりと綺麗になっていくという楽しさや高揚感。

このページの先頭へ